スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--:--) | スポンサー広告

天眼 +ユキ+
てん2洗面所にてぬいぐるみと大暴れ
てん3姉ちゃん(私)とのお昼寝タイム

4月9日午後3時。お墓付近で生後5ヶ月くらいの猫を住職が発見。腹ぺこの様子でガリガリに痩せており、顔も目やにと汚れでグチャグチャ。ご飯をあげるとウニャウニャ言いながら食べる。ものすごく懐っこい猫で、人恋しかったのか私の膝に乗ってこようとする。よく見ると片目がおかしい。病院へ連れて行くと奇形との事。この目のせいで捨てられたのか…?胸がつまる。部屋で飼ってやりたいが、神経質で病弱なピキーがいる。同居させたらストレスですぐにおしっこが出なくなるだろう。じゃあどうする?放ってはおけないし…。
話し合った結果、外で飼う事に。寒い日、雨の日、夜は寺の洗面所にいれてやるが(最近はお昼寝時も)、あとは基本的に外飼い。これが思っていたより心臓にきたね。動物が苦手な義母や檀家さんへの気遣い、家に入りたがるのに入れてあげられないという申し訳ない気持、車にはねられるんじゃないか等の心配、ピキーにも浮気してるような後ろめたさ…。色んな気持を抱えハゲそうになったが、猫が大好きという檀家さんやダーリンの理解に支えられ、ようやく今こうやって日記に綴る事ができるようになった。いやー長かった。名前は天眼(てんげん)。神通力のひとつで、遠くまで見渡す事のできる眼という意味だそうです。願いをこめて住職がつけてくれました。今では来た時の倍の体重になり、寺の敷地内を自由自在に走り回っている。そのお陰で、話した事もなかった檀家さんが気軽に話しかけて下さったり、外掃除をマメにするようになったのでお寺も綺麗になってるし、今の所うまく事が運んでいます(日焼けしたけど)。
事故や病気で早く死ぬかもしれないから余り情をうつさない方がいいよという人もいるけど、私はそうは思わない。誰だっていつかは死ぬんだし、明日死んでしまっても後悔しない位毎日たっぷりと愛情を注いであげたい。現在友人に頼んで天ちゃん家を建築中。出来たらまた公開しますねー。

スポンサーサイト
2007.05.27 (14:56) | ユキ日記

オミくん、親の期待早くも裏切る +カヨ+
オミくんは動物が大好きだ。生まれた時からキャビアがそばにいるせいかなー。散歩の途中で犬に会うと、それがどんなに大きい犬であろうと躊躇せずきゃーきゃー触ろうとする。ゴールデンレトリバーもビビる熱烈な求愛ぶり。
じゃあさらに大きい動物はどうだろう。
彼がお休みだった一昨日、小田原城に併設されている小さな動物園に連れて行ってみた。ここには以前私が30分ほど目で会話した(本当だってば)象がいるのだ。
どんな顔するんだろうなーとわくわくしながら見せてみると...

え?無反応?なんで?こんなデカいんだよ!オミくんっ、ちゃんと見てごらんよう。

両親の願い虚しく、ふうんてな態度。ちええええええええっ。
ところがサルの檻の前になるといつもの求愛モード炸裂、両手両足をぐるんぐるん回しながら喜んでいる。
どうやら大きすぎるとリアリティがないらしい。江ノ島水族館でもイルカよりペンギンの方が喜んでたもんなー。赤ちゃんて不思議だね。
2007.05.24 (23:43) | カヨ日記

音のタイムマシン +カヨ+
さんさ踊り今のNHKの朝の連ドラ「どんど晴れ」。私の生まれ故郷の盛岡が舞台なので久し振りに毎朝見ている。
今朝もいつものようにオミくんの朝食の準備をしながら見ていたら、ふと懐かしい音色が聞こえて来た。盛岡のお祭り、さんさ踊りの太鼓の音だ。
思わず手を休めてテレビの前に座って見ていたら、なぜだか涙が溢れて止まらなくなった。
これが「郷愁」というものなのだろうか。
私くらいの年齢から故郷というものが更に切なく懐かしくなるのかもしれないね。

久し振りに聞くさんさ踊りの太鼓の音は、忘れていた沢山の事を思い出させてくれた。
小さい頃に過ごした盛岡での暑い夏。
おやつにおばあちゃんが切ってくれた西瓜の味。
三人兄弟で歩いたプールまでの川沿いの長い道。
戻らない日々は宝物のように愛おしいものだね。

前の日記との連作みたいになっちゃった。私ったらなんだかセンチメンタルなシーズンなのかしら(笑)。元気だから心配しないでね。
そうそう、オミくんはこのドラマのテーマソングが大好き。お気に入りの絵本を見ていてもぴたっと動きを止めて聞き入ります。CD買おうかなー。
2007.05.17 (00:27) | カヨ日記

香りのタイムマシン +カヨ+
暑くなってくるとお香の香りが恋しくなる。寒い時は部屋を閉め切っているからけむくなってしまう、というのが冬にお香を焚かない一番の理由だけど、それだけではない気がする。エキゾチックなお香の香りはやっぱり夏がよく似合う。
そんなわけで久々に焚いてみました。考えてみたら去年の夏はお香なんて焚く余裕がなかったので二年振りの香り。

うわあ...懐かしい...。
二年前の夏に一気に戻った。

初めてひとりでやるコーラスの仕事を控えて、リハーサルに忙しかった頃だなー。ウエイクボードにもハマったりしてたっけ、と昨日まで思い出す事もなかったような事がぽろぽろ出て来る。
短歌にした事もあるけど、音楽と香りというのはその当時に一気に逆戻り出来るものだと実感した。タイムマシンみたいなもんだね。
ちょっときゅうんとしてしまった。戻らない恋を思い出すような気持ち。
今も楽しいけどあの頃も楽しかったな。
今日は一日グズグズだったオミくんに振り回されていたせいか、何だか少し切なくなってしまったよ。こんな日もあるさ。ね。
2007.05.11 (22:20) | カヨ日記


 

BBS (休止中)




/ 2007.05 /
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

CATEGORY

ENTRIES

LINKS

SEARCH
home

Copyright © 2004 Powered by FC2 All Rights Reserved. Template by lovehelm