スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--:--) | スポンサー広告

逗子にて +カヨ+
何だか変な天気が続いていますなあ。大雨で被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。ずっと雨や曇りばかりで気分も滅入るね。
久し振りに晴れた一昨日、友人とドライブがてら逗子まで行ってきたよ。海沿いにテラスのある某ファミレスでランチ。
ここね、いいよ。お昼時だったけど、客席数が多いのですぐに案内された。お目当てのテラスも空いていて、オミはテンションアップ。海が一望できて、ちょっと遠くまで来た気分になれる。
オミは大好きなフライドポテトが来てにっこり。「まだ熱いってば!」と制止したけど既に遅し。はふはふあちあち言い乍ら食べていました。
一緒に行った友人は同い年の仲良し。彼女の子供はもう中学生。オミを懐かしそうに見つめている顔が本当に優しくて、その笑顔に癒された一日でした。
スポンサーサイト
2008.08.29 (21:37) | カヨ日記

なっちょらん +カヨ+
今日は雨の合間に近くの公園に隣接されている交通博物館へ。ここは電車の模型などがたくさんあり、電車小僧のオミにとってはパラダイス。
まだ夏休みなので館内はいつもに比べると人が多かった。オミはいつもの通り自分の見たいものを鼻歌まじりで眺めていた。

ここには電車の運転を体験できるマシーンがある。今までオミはあまり興味がなかったけど、今日はやってみたいと訴える。小学生くらいの子供が4人くらいで楽しんでいたけど、マシーンのそばには大きな看板があり「ひとり一回、一区間のみの運転で交代しましょう」と書いてあるし、小学生と言っても5年生くらいの子供たち、しかも付き添いには50代半ばの女性がついている。私たちの前にも二組並んでいるけど、これならあまり待たずに順番が来るだろうと思っていた。
とっこっろっが。

そのガキども(「子供たち」から変化)はブレーキをかけまくり、さらにはバックなどしてまったく終わる気配がない。付き添いの女性は「ほらほら、じゃあ次はだあれ?」などと言い乍ら私の後ろにも並んでいる人を気にする気配もない。でもとりあえず4人全員終わるまでは待ってやろうと思っていた。
オミは最近覚えた「んーばん(順番)」と言い乍ら健気に待つ。「もうちょっとだからねー」とオミに微笑んで振り返った私の目に入ってきたのは、一番始めにやっていたクソガキ(さらに変化)が運転席につく姿。

ぷちん。

「君さ、さっきもやったよね」
後ろから大きな声で私が言った。
そのあほんだらガキはおそるおそる私を振り返ってコクンと頷いた。
「みんなこれだけ待ってるんだからさ、ちゃんと交代しなきゃだめだよ」
さっきまでの元気はどこへやら、4人全員そそくさと逃げ出してしまった。

でもね、私が怒ってるのはあほんだらガキ軍団に対してと言うより、付き添いのおばさんとその周りで待っていた人達に対してなんだよね。
私が注意して子供たちがいなくなった後、口々に
「いつまでやってるのかと思ってましたよね~」
「もう諦めようかと思ってたんで言って下さってよかったですう」
と私に言うのだ。
おかしいだろ。私たちの前の子供なんてずっと母親に「なんでまだなの~」と訴えていたのだ。
大人が子供に注意するのを躊躇してどうすんだ!

あんまり頭に来たんで久々に斧アイコン出現。これ可愛いなあ。復活させよ。
2008.08.27 (00:47) | カヨ日記

なつっこいにも程があるけど +カヨ+
さて、問題です。
オミが抱っこされている人は誰でしょう。
正解は、ケーブルテレビの宅内調整に来たお兄さんです。勿論我が家に来るのは初めての方。
玄関を入って来た時から大歓迎モード。お兄さんも「こんなに歓迎されたのは初めてです」と最初は戸惑い気味だったけど、オミのあまりの好き好きビームに負けて、結局この状態で電波の調整をしてくれました。最後にはたかいたかーいまでやってくれた。すまなかったねーお兄さん。重かったでしょうに。

元々人なつっこくて頼んでもいないのにスーパーのレジのおばさんにも自ら手を振る子だったけど、実家から帰って来て拍車がかかっている気がする。
色んな人の愛情をもらって、ますます人が好きになったのかなー。
このお兄さんが「こんなんだったら誘拐されますよ、今の時代まずいですって」と笑っていた。確かにそうかもしれない。でも私はこんなオミが大好きだ。
2008.08.24 (23:47) | カヨ日記

風が秋っぽいね +ユキ+
慶812ういやいやいやいやご無沙汰しちょります。記事を書く為のパスワードを忘れてカヨに聞く程ご無沙汰です。すみません。
夏、終わっちゃいましたね。忙しかった~。毎日義母に1時間くらいづつK君を預け、その間に寺の掃除をこなしました。ご機嫌な時に預けなければならず、タイミングがなかなか難しかった。あ~くたびれた。

K君は4ヶ月半になります。相変わらずよく飲みよく寝る良い子です。先週早くも寝返りをうちました。首がすわる前に寝返りをしはじめたので危ない危ない。一度なんてう~う~とうつ伏せでもがいててね。青ざめたね。でもその2日後には完全に首がすわり、寝返ってシュタッと首を持ち上げてました。すごいもんだわ。

今日ネットで、The Body Shopのマンゴーとパッションフルーツのボディバターを購入。どんな香りか知らないんだけどさ、ちょっと賭けてみたくなったのさ。ええ、母になっても相変わらずですよ。超ドライ肌なので夏でもボディクリームは手放せないのよ。口コミをみてもなかなか良さそうなのでね。楽しみ~。

2008.08.23 (15:29) | ユキ日記

りんごとイルカとラーメンと +カヨ+
左の写真はオミが描いた絵。りんごが上手に描けるようになった。私が描いたのをいつの間にか真似するようになったんだよね。いやーすごい。最近はすいかの絵を練習中。

今日は涼しかったので久々にチャリンコを飛ばして江ノ島水族館へ。夏休みでごったがえしていたけど、オミは関係なし。館内を我が物顔で走り回り、イルカショーでは相変わらず立ち上がって踊りまくりと大はしゃぎ。

夜になって私も久し振りの長距離チャリンコにくたびれたので、晩ご飯は近所へ食べに行く事にした。オミはラーメンが大好き。先日実家に帰った時も父の作った味噌ラーメンを私の分まで食べまくり、父の涙を誘ったほどだ。
最近「大きいまま」というものにこだわる二歳児。私の持っている大きいラーメンの丼がどうにも欲しくてしかたない様子。試しにあげてみたら、んまあ上手に食べる食べる。ま、そんな険しい顔して食べなくてもいいけどね。
餃子もぺろりとたいらげ満足気。愉快な晩ご飯でした。
2008.08.23 (00:21) | カヨ日記

応援ファックス +カヨ+
オリンピックの中継を見ていると、合間で視聴者からの応援ファックスが紹介される事がある。
うーむ、確かにこれは全国に公表したくなるなあと唸るほど上手なイラストもあれば、「これ誰?」という微妙なものもあり、小さい子が一生懸命描いたと思われる可愛いものもある。
昨日金メダルを獲った女子レスリング某選手の劇画的なイラストが紹介されたのを見たけど、怒り狂ったクロマニョン人みたいだった。あれ、本人はどう思うのかしらね。

でもふと思った。ファックスを募集するなんて、そのうちなくなってしまうのかなと。
我が家の電話にもファックスが付いている。音楽をやっている時は譜面のやりとりなどですごく重宝していたけど、今ではいざ使う時にどうすんだっけ?と思うほどご無沙汰だ。メールが主流になった今ではそれほど便利に感じないものになってしまった。最近では携帯しか持たない人も多いから、ますますファックスは遠いものになっているのだろう。
でもメールに比べるとファックスの方が断然温かい。だって本人が書いたものがそのまま届くのだから。手紙とメールの中間みたいな役割なのかも。
もしかしたらファックスは消えずに生き残るかもしれない、とどうでもいい事をぼんやり考えた妙に涼しい夜。
2008.08.18 (00:01) | カヨ日記

一喜一憂  +カヨ+
北京オリンピック、毎日目が離せないですなー。さっきまで男子バレーの中国戦を見ておりました。フルセットの末負けちゃったけどね。あーくたびれた。5歳くらい年とったわよ。
でも今日は北島選手が金メダルを取りましたね!生で見れて嬉しかったな。

どの競技も面白いけど、元水泳部としては何しろ競泳が楽しみ。他の人もやっぱり自分がやっていた部活の競技って特別な気持ちで見ているんじゃないかしら。
じゃぽーんと飛び込んですいすい泳いでいるのを見ると、今すぐにでもプールに飛び込みたくなる。でも市営プールとかじゃ嫌なのよ。コースロープの張られたプールで、競って泳ぎたくなるんだよねー。
レースの結果が表示される時に映る水の底からの映像を見ると、自分が潜っている時の感覚を思い出すんだよなあ。
来年あたりは水遊びが大好きなオミと大きいプールに行ってみようかな。
2008.08.14 (23:54) | カヨ日記

ただいま +カヨ+
ご無沙汰。今日実家から帰って参りました。いやー仙台は涼しい。朝方なんて寒くてタオルケットをかぶりなおすくらい。日中は程よく夏の暑さが楽しめ、改めて住みやすい所だなあと実感。オミは半年振りに私の両親に会ったにも関わらず、新幹線を降りた瞬間に父に抱っこされても全然平気。あまり人見知りはしない子だけど、それにしてもと言う懐きっぷり。家族って不思議だねー。

実家では裏庭に小さな畑を作っている。写真は収穫したてのきゅうりを丸かじりしている所。よほど美味しかったのか、滞在中撮った写真には、ほとんどきゅうりが一緒に写っている。
その他にも趣味で別の場所に畑を借り、様々な野菜を作っている。オミもちょいとお手伝い。こんな経験はこちらにいたら滅多に経験出来ないもんね。







そして真打登場、無敵のあーたん。
昨年はオミにちょっぴりヤキモチを焼いていたけど、今年は全然違った。
オミは会ってすぐに「あーちゃん」と呼びくっつきまわっていたので、しつこくて嫌われるかなと心配したけど、あーたんも何か可愛いぞと思ったらしく撫でたり一緒に遊んでくれたりと吃驚するほどの成長振り。子供はすごいわ。






他にも弟のなるぽやなるぽ嫁のりーこにもまとわりつき、みんなに死ぬ程可愛がってもらった。週末には久々にいとこの家族にも会えて楽しい時間を過ごせた。
実家があるという事は幸せな事なんだなと改めて感じた。

帰る時、両親が本当に寂しそうで切なくなった。母は帰る三日くらい前からオミを穴の開くほど見つめていた。その視線の温かさはまさに愛のシャワー。私もこのシャワーで育ち、オミもこれをたっぷり浴びて育っていくんだなと思った。
パパ、ママ、ありがとね。
2008.08.11 (21:56) | カヨ日記


 

BBS (休止中)




/ 2008.08 /
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

CATEGORY

ENTRIES

LINKS

SEARCH
home

Copyright © 2004 Powered by FC2 All Rights Reserved. Template by lovehelm