スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--:--) | スポンサー広告

早朝のiTunes +カヨ+
関東の雨もだいぶ激しくなってきました。これからもっとすごい事になるのかしら。
今朝も一番に起きて私と彼を起こしにかかるオミ。つれない返事の両親の態度に溜息をつきながら、パソコンが置いてある和室へ。電源を切っていなかったパソコンを何やらカチャカチャしている。しばらくするとオミのお気に入りの音楽が和室から聞こえてきた。まさか..と思い行ってみると、自分でiTuensを立ち上げ曲をクリックして聞いていたのだ。いつの間にこんな事を覚えたのか...。恐ろしいほど大人のやる事を見ている時期。変な事を覚えさせないように気をつけねば~。
スポンサーサイト
2009.08.31 (16:14) | カヨ日記

ばったりデー +カヨ+
今日はヤマハの日。楽しくレッスン終えた後に、オミがサーティーワンアイスクリームを食べたいと言うので食べに行く。今通っている教室はショッピングモールの中にあり、終わった後何かと毎週買わされるのが玉にキズ。
ベンチでいちゃいちゃ食べていたら近所に住むヨーコが「あれ、カヨさん?」と声を掛けて来た。うおー偶然だねーとしばし一緒にモール内をショッピング。しばらくして ヨーコが「ここでちょっと買い物するんで待ってて下さいね」と言うのでオミと待っていたら「あらま、カヨさんじゃん!」とゆうちゃん登場。旦那様と一緒に買い物に来ていたらしい。突然の再会にうかれまくるオミ。しばし話をしてそれぞれと別れた。
そして夕方。買い物しなければならない物があったのでスーパーへ。オミと商品を眺めていたらなんとヤマハで同じクラスの女の子一家と遭遇。また来週ねーと別れた。
一日に三人も知っている人にばったり会ったのは産まれて初めて。今日はそういう日だったんだねえ。写真は昼寝後のオミ。おやつのだんごをじーっと見つめています。
2009.08.30 (01:45) | カヨ日記

美女にうかれぽんち +カヨ+
真夏の暑さが戻った今日、オミは「ままー、ちゅめたいおふろにはいりたいの~」と午前中から水風呂所望。30分堪能し上がってタオルで拭いていると、そのタオルを首にかけたいと言う。何でまたと思い乍ら言う通りにしてやると「あせかいちゃったね~めびっと(メリット)しよっかー」とCMの真似。最近テレビで見る物を恐ろしいスピードで吸収している。良くも悪くも。
午後からは友人のゆかりんが来訪。美人さんが大好きなオミはゆかりんに座る隙を与えない程のうかれっぷり。自分が格好いいと思われるジャンプや、険しい表情で進藤先生の真似などを披露。まったく面食い野郎め...。
ゆかりんがごっそり買って来てくれたお土産の中には私も大好物のマンゴーカルピス。しばしゆかりんとカルピス談義をしていて思い出したのは「昔の瓶に入っていたカルピスって、飲み終わると異物が口の中に残ったよねえ」という事。同い年の彼女とはこういう話が出来て愉快。あれってやっぱり改善されたんだね。そりゃそうだ、気持ち悪かったもの。
2009.08.28 (22:43) | カヨ日記

涙の爆笑 +カヨ+
今日ゆうちゃんに借りた「ママはテンパリスト」という漫画。最強のいたずら王、ごっちゃんという男の子の1歳から4歳までを描いたもの。漫画を読んでまさに漫画のように涙を流しながら爆笑してしまった。これはツボだわあ。久々に爆笑で泣いた。子育て中の人じゃなくても是非是非。
最近オミは旦那様の口ぶりを真似するのが流行っている。オミに「今日の晩ご飯にサンマでも焼く?」と聞くと「おっ、いいね~」と応える。この言い方が本当に彼にそっくりなのだ。彼の休みの翌日から「あと6寝たらーパパおやすみだねえ」と毎日指折り数えるオミ。オミにとっては彼がヒーローなのだ。なのでちゃんと脱いだ服は片付けて下さいね、父上。
2009.08.27 (23:47) | カヨ日記

続・ちっちゃい進藤先生 +カヨ+
今日は久し振りにオミと江の電を始発から終点まで乗る旅へ出発。こんなに沢山乗り物に乗るなんて本当に久々。のんびりしてて楽しいもんだね。鎌倉では買い食いをしながら二人で小町通りをそぞろ歩き。
昨日のブログの通り、最近すっかり進藤先生になりきったオミは、我が家にあるあらゆる物を聴診器に見立てて遊んでいる。紐くらいまではよかったが、何故かプールの空気入れまでも首に巻いて診断する始末。あまりに不憫だったので本日鎌倉にて購入。嬉しさのあまり電車の中でも聴診器をぶらさげ、部活帰りらしき中学生の団体に「よっ、ドクター!」とからかわれた。家に戻ってからは勿論救命病棟三昧。しばらくブームは続きそう。
2009.08.27 (01:24) | カヨ日記

ちっちゃい進藤先生 +カヨ+
ここ数年ドラマを観る事など皆無だった私が、最近楽しみにしているのが「救命病棟24時」。このドラマの江口洋介演じる進藤先生は本当に格好いい。
あんなに病院が嫌いで以前は他の病院のドラマを見るだけで泣き出していたオミが、何とこのドラマにハマっている。真剣な眼差しで画面を見つめ、CMになると「まま~おしもろいねえ~」と一息ついた様子で感想を述べる。内容がわかっているのかいないのか。
最近ではあまりに好きすぎて「救命病棟24時ごっこ」までする始末。家にある救急車関連のものを集め、患者を搬送するのは私の役目。病院に着いて「全身裂傷です。意識レベル100です」と言い乍ら担架に乗せた患者を車から降ろすと、進藤先生になりきったオミが遠くから聴診器を首にかける真似をしながら登場し、「いきます、1、2、3!」とベッドに移す。その後も「だいじょうぶですよ~すぐよくなりますからね」と話しかけながらの心臓マッサージ。あっという間に元気になった患者さんを見送るとすぐ「よし、いこう!」と次の患者さんへ立ち向かうと言う寸劇。
しかし子供って本当に細かい所を良く見ているんだなあと感心しきり。面白過ぎて緊迫した病院ごっこなのに私はずっと爆笑。あー今日も爆笑を一本取られてしまった。ちょっと負けた気分。
2009.08.26 (01:25) | カヨ日記

夏プラス秋 +カヨ+
090824_1731~001今日は夏の空に秋の風。最高の爽やかさだわあ。昨日は午後から暑くなったので三人でプールへ。最初はいやっほうと楽しんでいたけど、やはり風が冷たく感じて早めに退散。もう夏は終わったのだなと実感した。
昨日の夜は久し振りにユキと長電話。最近の諸々を話し心の中がすっきり。うまく説明出来ない事も汲み取ってくれ、ユキは私の事をよくわかってくれているなあと有難く嬉しい。
写真は昨日プールから帰ってきてソファで爆睡しているオミ。寝ているのに見ようによっては「さあもう一軒いきますかー!」とやる気満々のポーズに見えておかしい。
2009.08.25 (13:50) | カヨ日記

夜更けに思う事 +カヨ+
kugenumasea最近オミを寝かし付けながら一緒に眠ってしまい、彼が帰って来る頃に起きるという日々。世界陸上もあったのでついつい夜更かしの癖がついてこんな時間にブログ。明日はお休みだからまあいいか。何度も書いているような気がするけど、世界陸上はそろそろ織田裕二に見切りをつけた方がいいと思う。見ていてしんどい。
今日テレビを見ている時にふと耳に入ってきた言葉。「まだ起こっていない事に憂うのは勿体ない、問題が起きてから考えればよい事。どちらにしても自分が解決しなければいけないのだから」というもの。今の私にどんぴしゃぴったり。数日続いていたマイナスオーラから抜け出せそうだ。
2009.08.24 (02:45) | カヨ日記

夏の朝食 +カヨ+
残暑厳しい毎日、我が家で夏の朝食に度々登場するメニューがこれ。山形の郷土料理の「だし」というもの。細かく切った茄子、きゅうり、茗荷、しそ、それにめかぶと鰹ぶしを加えてお醤油で味付けしただけのもの。これをご飯にかけるとあら不思議、さっきまでの食欲のなさが嘘のようにご飯がすすむ。さっぱりしていてさらっと頂けるのよこれが。オミも夏は食欲が落ちるけどこれはもっさもっさ食べてくれる。こう暑くちゃ朝から食欲なんぞあるわけがないと言う方、お試しあれ。
2009.08.22 (15:40) | カヨ日記

猿島へ +カヨ+
今日は横須賀の猿島へ。横須賀駅からフェリーに10分ほど乗って行く離島だ。ここはライフセーバーをやっているぴーちゃんのご主人様が現在仕事をしている所で、私は長い事神奈川に住んでいながら初めてその島の存在を知った。
オミはフェリーに大喜び。船って一気に旅の気分にさせてくれる乗り物だ。島に着くとその海の美しさに吃驚。海外のリゾートのように魚が泳いでいるのが見える透明度だ。幼児用の海水浴場も用意されていて安心。ご主人の仕事仲間の方達がべらぼうに良い方ばかりで、オミにかき氷やジュースをご馳走してくれたり一緒に遊んでくれたりとありがたい。こんな近くにこんな素敵なリゾートがあったのかと感動しきりでした。夏のうちにもう一度足を運びたいな。

2009.08.20 (23:58) | カヨ日記

強くなりたい +カヨ+
Yahooのニュースで板尾創路さんの長女が1歳10ヶ月で亡くなったというニュースを見た。乳幼児突然死症候群だと言う。子供を産む前でもこういうニュースを見ると胸が痛んだけど、今となっては心臓を鷲掴みされたような気持ちになる。どんな思いかは想像すら出来ない。明日自分にも起こりえる事なのだと思うと手が震える。これから何が待っているのか怖くなるけど、それでも命を生み出した責任が私にはあるのだ。前を向いて進まねば。負のスポットに入っている時のこういうニュースは堪える。強くなれ私。
2009.08.19 (22:27) | カヨ日記

江ノ島にて +カヨ+
昨日は久し振りに江ノ島へ。彼の友人の海の家へお邪魔してきた。ここはオミが生まれる前はお休みの度に来ていたっけなー。以前と変わらず落ち着く雰囲気が居心地良く懐かしい。
オミは始めこそ大人しくテーブルでジュースなぞ飲んでいたけど徐々に本領発揮、自分の小ささを利用してのナンパし放題。確実に若い女の子ばかりの前でふざけたり芸を披露したりしている。あー誰に似たのか嫌な予感。最後には仲良くなったお姉ちゃんとベッドで横になり写真まで撮る始末。行く末が恐ろしい...。
2009.08.18 (23:39) | カヨ日記

盆踊り +カヨ+
近所の小学校で開催されていた盆踊りにまたもぴーちゃんとお出掛け。オミとエイトくんは兄弟みたいになってきたなー。私たちは生ビール、チビ達はわたあめを堪能し早速盆踊りの輪へ。ぴーちゃんが命名した「うかれーず」と言うネーミングがぴったりのふたり。太鼓に合わせてうかれるうかれる。オミは夜に外にいるという特別感が楽しくてたまらないと言った様子。しかし盆踊りの輪の中って、夏の間近所中の盆踊り大会を荒らしてるんだろうなと思わしきキレのあるおばあちゃんが必ずいるね。
ここ数日湿度が少なくて本当に気持ちのいい夏を満喫している。夜も例年のような寝苦しさがなくて快適。まだまだ夏を楽しむぞお。
2009.08.16 (22:46) | カヨ日記

戦慄 +カヨ+
晴れだけど陽射しが強過ぎず爽やかな風が吹いた今日は絶好の海日和。ぴーちゃんに誘われて海岸に行くとすごい人。それでもオミは嬉しそうに波に向かう。基本ビビリなオミはいつもちゃんと手を繋いで波打ち際で遊ぶんだけど、お昼の後「ちょっとひとりで行きたい」と言うので少し離れた所から見ていた。女の子を連れたお父さんがオミにもちょっかいを出して遊んでくれたりして楽しそう。
その後また私と一緒に波打ち際で遊んでいたんだけど、ぴーちゃんから借りた浮き輪を荷物を置いていた場所に戻そうと思い「ここで待っててね」とオミに告げ、5mほど離れた荷物置き場へ行き浮き輪を置いて振り返るとオミがいない。
全身の血の気が引き、名前を呼びながら探すも見当たらない。と言うか半分パニックになってオミを探せない。近くにいたライフセーバーの人に子供がいないんですと話しながらもパニック度はぐんぐん上がり名前を呼ぶ事しか出来ない。

すると半泣きの私にさっきオミと遊んでくれていたお父さんが「あっちですよ。あっちに走って行きましたよ、ほらあれあれ」と言う。指差す方向を見てもテンパっている私には他の子供しか目に入らず「違います!あの子じゃないです!」と言い乍ら目を凝らすと、30メートルほど先の人の影に見慣れたオミの姿が....。
膝カックン状態でオミの元に走り抱きしめると「ままー、ほらみてーひこうせん!」とオミ。空を見上げると私の心情と真逆にふんわりのんびり浮かぶ飛行船が。どうやらこれを近くで見たくて海岸をひた走ったらしい。

死ぬ程怖かった。7歳くらい寿命が縮まった。そして自分の一瞬の油断を猛烈に後悔した。ちょっと目を離した隙に、という事故原因をよく聞く。それは本当に一瞬なのだ。今回も時間にしたら多分5秒くらいだったと思う。この油断で事故に遭う事も沢山あるのだ。
あー今思い出しながら書いていても震えそうになる。これから夏のレジャーに出掛ける皆様、くれぐれも注意して下さいまし。こんな思い、もう二度とごめんです...。
2009.08.15 (23:24) | カヨ日記

葛藤 +カヨ+
bambooさっきオミが眠りにつく前に私に抱きつき「ママがずっといてくれてよかったー」と言う。オミは三歳になってからすごく大人びた事を言ったり急に甘えん坊になったりと不安定な様子。大きくなってきた分、様々な感情や思いと日々闘っているんだなと思い知らされる。
やっとこ落ち着いて来たと思っていたけど、まだまだこれからなんだなーと遠い未来の心配ばかりしてしまい、気持ちがすとんと落ちる。
それでも懸命に生きるオミを見て、しっかり向き合って私も生きていかなくちゃと腹をくくるとちょっと元気になって、ぐぐんと力がみなぎってくる。この回復力は母になってからだなあ。母になっても私は私のままだなあとへこむ事もあったけど、やっぱり母と言う生き物は強いのかもしれない。
2009.08.14 (22:13) | カヨ日記

あぢぢ +カヨ+
暑。今日は夜になっても相当暑いわ。あんなに夏らしい天気が恋しいと言っておきながら、実際にこうなるとちょっと勘弁して~と言う人間って勝手な生き物。
午前中にぴーちゃんとこのエイトくんと自宅前の駐車場でプール。私も足だけ入れて涼むも、あまり長く入っているとボーイズにびしょびしょにされそうなので早々と退散。ぴーちゃんが出してくれた椅子に座ってのんびりレモンカルピスを頂く。これ美味。チビ達はお互い頭からじょうろで水をかけあったりして楽しそう。午後は予想通りの大爆睡。子供は心も体も正直だ。見習わねば。
2009.08.13 (23:39) | カヨ日記

親子共々学びの一日 +カヨ+






今日は茅ヶ崎の友人宅へ久し振りにお邪魔。主の藤川氏は私とユキが歌い初めの頃からlamutaまでのプロデューサー的な存在。足を向けて寝られないほどお世話になった方のひとりだ。久々の再会にも関わらず相変わらずの優しい笑顔で迎えてくれる。
ここは藤川氏の奥様マキ嬢、上からのんたん、みっちー、ただしという男子三人プラス新入りのダックスフンド、ビスケをいれた六人家族。オミはお兄ちゃん達に最初はひるみながらも、ビスケへの興味から段々慣れてそれはそれは楽しそう。
最近ほとんど自分より小さい子とばかり接していたオミにとって、自分が欲しい物をもらえない悔しさや、兄ちゃん達のように上手に出来ないじれったさなど貴重な体験が満載の一日だったと思う。これは最低でも月一でお邪魔しようと企む母。皆が一生懸命オミと遊んでくれて、ありがたいやら楽ちんやら。おおらかな藤川家の子育てが非常に勉強になった。近くの先輩は大事だね。
写真は藤川氏にギターを教わるオミと、初の戦隊ものの戦いごっこに興じる藤川氏とオミ。この後あまりに気に入ったオミは使っていたヒーローの人形をお借りして帰宅するほど。今はベッドで一緒に夢の中。また兄貴達に揉まれにいかなくちゃね。
2009.08.12 (23:16) | カヨ日記

愛の宅急便 +カヨ+
今日の夕方宅急便が来た。この辺を回っているドライバーさんは二人で、宅急便が届く事が多い我が家は顔見知りになる事が多い。でも最近人が変わったのでまだそれほど親しくはなっていなかった。
今日ドライバーさんが荷物を置いた後、オミに向かって「ボク、いつも車見送ってくれるでしょ。だからこれプレゼント。ミニカーじゃなくてごめんね」と申し訳なさそうに言ってストラップをくれたのだ。
オミは小さい頃から宅急便の車が大好きで、外で見かけても出発するまで見送っていたり、家に来た時は2階の窓から手を振ったりしていたのを覚えてくれたらしい。
何だかとても嬉しく、心が温かくなった。こういうのって本当に嬉しいね。
届いた荷物は盛岡のかほるおばちゃんから手作りカレー。これは商売にしたらいいんじゃないの?と親戚一同が言う程の絶品。夜ご飯に頂く。いつ食べても美味しいなあ。かほるおばちゃん、いつもありがとね。今日は宅急便で2度も幸せになってしまった。
2009.08.11 (20:34) | カヨ日記

心の穴 +カヨ+
キャビアが亡くなってから今日で一週間。慣れないねー全然慣れない。朝起きてリビングに行った時に姿が見えない事も、外出から戻った時に声が聞こえない事もまだまだ慣れない。しかし実際に大切な存在を亡くすと、自分って結構大人になれているつもりだったのに全然ダメだったんじゃんと言う事に気付かされる。仕方がないよね。21年間だもん。ゆっくり慣れていかなくちゃ。
写真は実家で撮ったもの。オミを見守るように眠るキャビアが愛おしい。
2009.08.09 (23:22) | カヨ日記

お好みの番組 +カヨ+
watching TVオミは旅番組が大好き。関東ローカルのテレビ東京でよくやっている「この夏おすすめの宿!厳選バスツアー」などと言う2時間番組を飽きもせず見ている。旅番組ってちょいちょい電車やバスが登場するし、大好きな露天風呂などももれなく登場するのが楽しいみたい。宿の夕食風景などを見ては「うわあ、これおいしそううう」とおばちゃんのような反応。一緒になって見ていたら私も旅に出たくなってしまったよ。
2009.08.08 (23:29) | カヨ日記

疾走!回転寿司 +カヨ+
この前、里帰りした時のある日の晩ご飯。オミのプラレールで回転寿司をやろうと思いついたのは父。こういう事をやらせると父の右に出る者はいない。スピードが比較的ゆっくりな蒸気機関車の上へ、絶妙な角度で紙皿を設置。父と母が作ってくれたお寿司を乗せてスタートさせた時のオミとあーたんの顔ったら!二人とも有り得ない量のお寿司をたいらげてくれました。これ使えるよねー。お寿司じゃなくて点心でもいいかも。今度ウチでもやってみようっと。
2009.08.07 (22:31) | カヨ日記

再会&発熱再び +カヨ+
090804_1205~001一昨日、お産で里帰りしていたゆうちゃんとたっくんに久し振りに再会。産まれたばかりの智史(さとし)くんをお休みだったご主人に預けて、キャビアにお花を手向けに来てくれた。ゆうちゃんの顔を見ると何だかホッとするなー。
たっくんはぐぐんと成長し、たどたどしかった会話から「かよちゃん、これタクももってるよ」とすっかり一人前の会話が出来るようになった。オミはちょっと照れくさそうにしていたけど、密かにすっごく嬉しそう。
この日はちょこっとだけだったので、今日改めてゆっくり遊ぶつもりがなんと昨晩オミがまたも発熱。神様、私は何か悪い事をしたのでしょうかと問いたくなる。今年の夏はウイルスに呪われてるなあ。寝入る時は38.2℃あったので、こりゃ夜中にもっと上がるなーと覚悟していたら、何故か解熱剤なしでみるみる下がっていく。今朝には36.3℃、そして何事もなかったかのように元気いっぱいご飯を食べるオミ。いったい何だったんだ...。
2009.08.07 (00:16) | カヨ日記

江ノ島花火大会 +カヨ+
今日は江ノ島の花火大会を見に近所の海岸へ。オミが生まれる前の年に、友人が江ノ島でやっていた海の家で見物してから早4年。もうオミと一緒に花火大会に来られるようになったんだなあと何だか感慨深い思い。コンビニでカルピスウォーターとビールを買っていざ。ウチの近くの海岸からもこんなに綺麗に見えたんだっけと至極感激。いつも天気が悪い事が多いこの花火大会も、今日は予報を覆して見事な晴れ。オミも「ままーきれいだねえ」と楽しそう。キャビアも空から見てるかなー。携帯では花火の写真はうまく撮れなかったので、開始前からうかれまくる我が息子の写真を。既に楽しそうでしょ?
2009.08.04 (23:36) | カヨ日記

キャビアお別れ式 +カヨ+
午前中、お願いしておいた斎場の担当の方が家にいらして、キャビアのお別れ式をしました。小さい祭壇をちゃんと作って下さり、お線香や鈴なども用意されまさに小さなお葬式という感じ。棺の中でお花に囲まれたキャビアはとても可愛く、安らかで幸せそうだった。
その後その方が引き取って行って荼毘にふされ、夜に帰って来ました。21歳のわりには立派な骨だったとの事。見てみると丁寧に拾って下さったのがわかって涙が出る。オミは「あれーキャビちゃんいないねえ」とお出掛けして帰って来ると思っていた様子。ちゃんと話したけど、理解するには難しいのかもね。

部屋の中にいつもいたはずの、茶色いふわふわの塊がどこを見てもいないと言うのは何とも言えない淋しさ。ご飯を置いていた場所やトイレを置いていた洗面所などが妙にすっきりと広く感じる。そう、部屋が広く感じるのだ。あの小さな存在はこの家ではとても大きかったのだ。
それでも今日見送って気持ちの整理はついた。これからはずっとそばで見守っていてくれる。そう考えると心強い。写真は3日前に撮った最後の写真。オミとキャビアはいつもこうやってふたりでくっついていたっけ。だめだ、まだ泣ける。
2009.08.03 (23:23) | カヨ日記

キャビア、逝く +カヨ+
キャビアが天国へ旅立ちました。
おとといの夜から食べ物を口にせず、昨日は水も受け付けないので、昨晩は私のベッドの横にキャビアの寝床を持ってきて眠りました。
朝、目が覚めるとキャビアは冷たくなっていました。
昔の猫は飼い主に死に姿を見せない動物だったそう。キャビアも昭和の猫魂、ひとりで逝きたかったのでしょう。

生きている時から、私はキャビアにふたつの事をお願いしていました。
「お願いだから私がちゃんとキャビアを見送れるような人に成長するまで待ってて」

「オミの記憶にかすかにでも残る三歳までは頑張ってよ」
と言う事。
一番目が叶ったかは怪しいものですが、今悲しみの中でもキャビアの死をしっかり受け止め、きちんと見届けようと思っているので、こんなお願いをしていた頃よりは成長しているのでしょう。
キャビアはちゃんと待っててくれた。そう信じています。

時間が経つごとに悲しみが溢れて困っちゃう。
21年間という長い時間。両親より、ユキより、旦那様より私と一緒に過ごしてくれたキャビア。
今は感謝の気持ちでいっぱいです。
これまで本当にありがとう。そしてお疲れさま。
これからは空からずっと私達を見守っていて下さい。

これまでキャビアを可愛がってくれた方、病気の時に応援してくれた方、キャビアに関わって愛してくれたすべての方にお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。
2009.08.02 (22:48) | カヨ日記

ヤマハとBBQ +カヨ+
今日は三週間振りでヤマハへ。お友達や先生に久し振りだね~と言われ「ままーたれちゃう(てれちゃう)」と最初は恥ずかしそうだったけど、クラスが始まると元気いっぱい。もりもり体操していたよ。
終わった後モール内のゲーセンで実家の父が乗っている車にそっくりな乗り物を発見。「ままーじいちゃんのみたいだ~」と大喜びで運転するする。父の真似をしてか片手でハンドル操作をするのがおかしい。男の子はよーく見てるね。
夕方からはゴールデンウイークにもお誘いを受けて伺ったぴーちゃんの友人主催のバーベキューへ参上。オミは若いお兄ちゃんに思いっきり遊んでもらって母の事をすっかり忘れている様子。んじゃ宜しくお願いしますと母は友と乾杯三昧。夕焼けどころか月が輝くまでたっぷり遊んで来た。その季節ならではの行事ってやっぱり楽しいねー。
2009.08.02 (00:54) | カヨ日記


 

BBS (休止中)




/ 2009.08 /
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

CATEGORY

ENTRIES

LINKS

SEARCH
home

Copyright © 2004 Powered by FC2 All Rights Reserved. Template by lovehelm