スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--:--) | スポンサー広告

見守るということ +カヨ+
快晴の今日はお弁当を作ってオミの大好きな海浜公園へ。行ってみるとどこから湧き出たのかと思う程の人、人、人。それでもオミには関係ないようで嬉しそうに走り出す。
滑り台で事件は起こった。筒状になっている滑り台はちょっと怖いオミ、私も一緒に滑る事にした。小さい子がわらわらといる中をくぐり抜け順番に並ぶ。さて、いよいよオミの番と言う時に横からすっと5歳くらいの女の子が横入りをしてきた。当然「あらら、子供だから仕方ないわね」と言うわけもない私、「あ、今並んでるよー」と朗らかに声を掛けるも無視、オミを手でよけて滑る体勢。これはずばり成敗でしょう。それでもぎりぎりオトナの装いを保ちつつ「えー大きいお姉さんがおかしいよー」と言うとそのガキは振り返り
「そう、あたしおかしいの」
と捨て台詞を吐きすーっと滑っていってしまった。

............................

ぅぅぅぅうううううううううううううらあああああああああああこのクソガキがあああああああああ縛り付けてサンドバックにしたろかぐらああああああああああ!
と言い乍らオミを待たせて猛スピードで後ろから滑り、その頭に爆烈ドロップキックをくらわした。

と言う絵を想像したが、少しだけ残っていた理性で何とか止めた。
その子の家族を別の遊具でも見かけたけど、やりたい放題甘やかし放題と言った感じでなるほど。

子供の遊び場には子供の社会があるからそれなりには見守るつもりだけど、それでも私は常に見ているようにしている(オミが横入りをしそうな時もあるのできちんと注意するためでもあるけど)。
子供にも最低限のルールがあるはずだ。そしてそれを教えるのは親しかいないはず。こういう事をする子の親は大抵ベンチで熱心に携帯をいじっている人だ。「遠くから見守る」と「放置する」とは雲泥の差。
人の振り見て我が振り直せ。これも勉強と大人のふりをしながら、頭の中ではあのガキにドロップキックをお見舞いし続けるやはり子供な私。
2009.10.11 (22:55) | カヨ日記


 

BBS (休止中)




/ 2017.10 /
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

CATEGORY

ENTRIES

LINKS

SEARCH
home

Copyright © 2004 Powered by FC2 All Rights Reserved. Template by lovehelm