スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--:--) | スポンサー広告

ライオンの母の気持ち +カヨ+
昨日帰って来てからのオミはひとりで行ったのが少し自信になっているのか、これまでとはちょっと違う様子。気持ちも落ち着いているようだし、もうだましだましは止めて思いきって話をしてみる事にした。お風呂の中で「オミくん明日からひとりで行けるよね?」と聞いてみた。オミが幼稚園に行っている間に家の用事が出来たらたくさん遊べるんだけどなと言うとうーんとちょっと納得出来ない顔。まあ明日の朝の様子を見てどうするか決めようと思っていた。
今朝「ままもいっしょにいく?」と聞くのできっぱりと「ママは行かないよ。あとでお迎えに行くからね」とあえてあっさり言ってみる。園に着いてしばらく様子を見ていたけど、すぐにお友達と楽しそうに遊んでいるのでオミを呼び「じゃママ、行くからね」と言うと「え~~~~~、ままもいてよ~」とオミ。
入園してからオミの気持ちに寄り添ってここまでやってきたけど、ここ数日の様子を見ていたらこの子は大丈夫だと確信した。オミを信じてみようと思った。どんと背中を押してみようと思った。
「ママはオミくんなら出来ると思うよ。ママね、オミの事信じてるから。絶対大丈夫だから。急いでご用事済ませて早くお迎えに来るからね。だからバイバイって言って」と言うと半分迷いながら複雑な顔をしていたけど、思いきったように「わかった!ばいばーい!」と私に手を振ってくれた。すうっと教室に消えていくオミを見送って私は園を出た。
昨日はちょっと買い物に行ってくるから、と言ったので多分大丈夫だろうと思っていたけど、今日は完全に私と離れるんだよと宣言してしまったので猛烈に心配だった。実は一度帰り道を引き返して園に戻り、隠れながら様子を見てしまった。残っているママにこっそり声を掛け様子を聞くと大丈夫と言われたものの、後ろ髪をこれでもかと引っ張られながら帰宅した。
迎えに行くと早めに行った私の姿を見つけ、おやつのクッキーを持ったまま教室の外に出て「ままー!」と笑顔。一度抱きしめて戻るように言うとすんなり席につき、また紙芝居を楽しんでいる。
うん。大丈夫だ。これから連休もあるからどうなるかわからないけど、それでもきっとこの子は大丈夫だろうと思った。
園長先生が仰っていた言葉「慣れるのは親御さんより子供の方が早いですから」は本当だった...。慣れろ!私!
2010.04.23 (21:16) | カヨ日記


 

BBS (休止中)




/ 2017.06 /
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

CATEGORY

ENTRIES

LINKS

SEARCH
home

Copyright © 2004 Powered by FC2 All Rights Reserved. Template by lovehelm