スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--:--) | スポンサー広告

せんきうご近所 +カヨ+
午前中は家事を済ませてお昼くらいからおにぎりでも持って公園に行くのんびりスタイルな休日にしようと目論んでいた私。出勤する旦那様を二階の窓から見送っていたオミが慌ててリビングに下りてくる。
「まま!Sくんがいるからちょっといってくるわ!」
Sくんとは同じテラスハウスに住む小学校1年生の男の子。近所のお兄さんたちの中でも一番オミと遊んでくれるこの子がオミは大好きで、いつもくっついている。しばらく駐車場でふたりで自転車に乗って遊んでいたら、Sくんが「オミくんママのおうちに入ってみたいなー」と言う。そう言えばいつも向かいの神社で遊んでいて家に入れた事はなかったっけ。勿論いいよーと迎え入れオミを呼びに行こうとしたら「オミくんはSくんのママとあそびますから」と言い家に上がりこんでいる。えええええええええ。なんじゃそれ。でもまあいっかと子供を交換して遊ぶ事に。
Sくんは元々私に懐いていてとても可愛い男の子だ。一緒にかき氷を作ったりゲームをしたり、DSなどオミとは出来ない高度な遊びも出来るのでなかなか楽しい。小学生になってもまだこんなに可愛いんだなあと先が楽しみになる。
結局他の近所の子も遊びに来たりしてなんだかドタバタしているうちにお昼。さーてお昼食べたら公園に行こうかねーと話しながら支度をしていたらソファでオミ爆睡。朝イチから遊びまくっていたので疲れたみたい。結局15:00頃起きてから公園に行くハメに。それでも夕方の公園を自転車で走り回りまたくたびれたらしく21:00前には眠ってしまった。
子供が産まれてからご近所のありがたさを心底知る。この辺は子供が多くみんなのんびりしていて付き合いやすい人ばかりで本当に助かる。昭和の時代の子育てがここでは出来ているのかもしれない。幸せだね。
2010.05.09 (22:25) | カヨ日記


 

BBS (休止中)




/ 2017.08 /
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

CATEGORY

ENTRIES

LINKS

SEARCH
home

Copyright © 2004 Powered by FC2 All Rights Reserved. Template by lovehelm