スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--:--) | スポンサー広告

鬼は外 +カヨ+
今日は幼稚園で豆まきをする日。この日はオミが通っている幼稚園の大イベントなのだ。
なまはげの如く恐ろしい鬼がやってきて子供たちを執拗に追い掛け回し、号泣の渦となる毎年恒例の名物行事と言う噂は、先輩ママに入園当初から聞かされていた。
臆病なオミは下手したらちびるだろう。もしかしたら幼稚園に行かないと言い出すかもしれない。そう思った私はオミの戦隊もの好きにつけこんで、鬼との戦いモードに持っていくことにした。
数日前から「この日は幼稚園に鬼がやってくるんだよ。オミは正義の味方として戦わなければいけないんだよ」と教え、実際に私が鬼の役目をして慣れさせたり「攻撃してくるけどパンツを脱がせたら負けちゃうくらいの弱い相手だから大丈夫」と自信をつけてやった。
そして今日。それでも実際に鬼を見たら泣いちゃうだろうなあと思いつつ旦那様と見に行った。オミは私たちの姿を見ると親指を突きたて「やってやるぜ!」と勇ましいコメント。あーあー大きく出ちゃったもんだ...と思っていたらドーンド-ンと大きな太鼓の音。びくっとするオミ。手に豆をがしっと握って準備している。
そして赤おにと緑おに登場。閉められたガラス戸を突き破らんばかりに扉にタックルしている様子を見て既に号泣している子数人。こりゃ怖いわ。逃げ惑う子供たちを大きな声で脅しながら追い掛け回す鬼たち。オミの姿が見えなくなったので先生に抱きついている集団の中を探すも見当たらない。
するとひょこっと女の子の手を握ったオミが見えた。泣いている女の子を恐怖でへっぴり腰になりながら必死に守っているのだ。自分の豆をその子に分けてあげながら今にも泣きそうな顔で逃げつつも一応攻撃態勢を保っている。
オミーーーー!格好いいぞおおおおおおおお!
私はわが子の健気な姿に感動してしまった。涙が出てきてしまった。
結局オミは泣かずに最後まで頑張り、泣いているクラスメイトのお友達を励ましたりした後、得意満面に私の方を振り返りまたもや親指を突きたてた。
グッジョブ。惚れ直したぜ、息子よ。
2011.02.03 (22:33) | カヨ日記


 

BBS (休止中)




/ 2017.11 /
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

CATEGORY

ENTRIES

LINKS

SEARCH
home

Copyright © 2004 Powered by FC2 All Rights Reserved. Template by lovehelm